リーガへ復帰した35歳のストライカー 衰え知らずのFWは二桁得点も容易い?

復帰弾を決めたファルカオ photo/Getty Images

ラージョへ加入したファルカオ

ラージョ・バジェカーノへと移籍したラダメル・ファルカオが、今季初得点を決めた。リーガ・エスパニョーラ第5節でヘタフェと対戦したラージョ。後半から途中出場してリーガへ復帰した男が初戦からゴールを奪ってみせた。

ファルカオは昨季ガラタサライで8試合で5得点を決めるなど、決定力の高さは衰え知らず。スペインへ復帰戦となったこの試合でも71分から出場すると、80分に絶妙な抜け出しから前を向いて右足を一閃。試合の勝敗を決めるチームの3点目を決めて3-0の勝利に貢献した。

3年ぶりに5大リーグへと戻ってきたファルカオ。35歳ながら得点能力の高さを発揮し続けるストライカ―は、今季二桁得点を奪うことも可能ではないか。ゴールシーンでも卓越したコントロールと得点への嗅覚はさびついていない。ポジショニングの上手さを武器とするため、経験値が彼をよりレベルアップさせている。

スペイン紙『MARCA』でもそんなファルカオを高く評価。「20分のプレイで1得点を決めることができるこの男は、あと9回ネットを揺らすことは難しくないだろう」と伝えており、15得点もできるのではないかと伝えている。

アトレティコ・マドリードでもゴールを量産したストライカーは、今季は何度ゴールネットを揺らしてくれるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ