旗手怜央、悔し涙を乗り越え最後に笑顔でシャーレを 王者・川崎に頼れる男が帰ってきた 

今やチームに最も欠かせない選手のひとりとなっている旗手 photo/Getty Images

復帰戦となった徳島戦で抜群の存在感

メダルに手が届かなかったオリンピック、切磋琢磨してきた同世代の仲間たちとの別れ……。今夏に様々なことを経験し、一回りも二回りも大きくなろうとしている頼れる男がチームに帰ってきた。

18日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節で、徳島ヴォルティスの本拠地へ乗り込んだ首位の川崎フロンターレ。ベスト16で敗退することとなったACLから中3日と難しい状況ではあったが、FW知念慶の2ゴールなどで3-1とし、嫌なムードを払拭してみせた。他会場で行われた試合で2位の横浜F・マリノスが敗れたため、1試合未消化ながら勝ち点差を「4」まで広げている。

そして、この一戦で存在感を放っていたのが、怪我から復帰してインサイドハーフに入った旗手怜央だ。今季初黒星を喫した第26節アビスパ福岡戦で前半半ばに負傷し、戦線離脱を余儀なくされていた旗手。約1ヶ月ぶりのピッチではあったが、徳島戦では持ち味である縦への意識や推進力で早速チームを牽引してみせる。1-1で迎えた42分には、ペナルティエリア手前でボールを受けると、3人に囲まれてスペースがない中でも華麗なターンで前を向き、勝ち越し弾の起点を作った。

また、フィジカルの強さを活かした安定感のあるボールキープ力、どこからでもゴールを狙うシュート意識、あらゆるところに顔を出すポジショニング能力など、改めてチームに欠かせない選手であることを証明してみせたのではないか。相手との接触によって右太ももを痛め、82分にピッチを退くこととなった。しかし、試合後に鬼木監督が同じくこの一戦で負傷交代していたマルシーニョの状態とともに「まだちょっと僕の方も確認できてはいませんが、2人はそんなに問題ではないんじゃないかと思っています」と明かしており、今後への影響は少なそうだ。

1-1のドローで終えた第25節サンフレッチェ広島戦後には、ベンチで人知れず涙を流している姿も見られた。もともと責任感の強い選手だけに、旗手が今抱いている想いや背負っているプレッシャーの大きさは計り知れない。ただ、こういった期待にプレイでしっかり応えてくれるのも旗手怜央という男だ。残り10試合となったが、旗手はあの悔し涙を乗り越え、最後に笑顔でシャーレを掲げることができるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ