低迷中のデュッセルドルフを救う“中盤コンビ” 欧州初挑戦の田中碧に大きすぎる味方

デュッセルドルフに加入した田中 photo/Getty Images

今夏川崎から移籍した田中

川崎フロンターレから今季デュッセルドルフへ移籍した田中碧。今季すでに2試合に出場しており、レギュラー獲得に向けて良いスタートを切っている。

その要因の1つとして同じく日本人プレイヤーであるアペルカンプ真大の存在は大きいだろう。U-21ドイツ代表に選ばれている同選手だが、日本とドイツのミックスであり、日本語でのコミュニケーションも問題ない。

右SBで頭角を表したアペルカンプは、本職の中盤で出場機会を増やす。今季はすでに5試合に出場しており主力として活躍。シャルケ戦では1得点を記録するなど、チームでの存在感は大きくなっている。

そんなアペルカンプと田中が、デュッセルドルフでの中盤を支えることになるだろう。田中のデビュー戦も両者での交代で途中出場している。同クラブは[4-1-4-1]を起用しており、シャルケ戦では2人がインサイドハーフを務めた。田中も初挑戦となるドイツで日本語でコミュニケーションを取れる選手がいるのは、非常に心強い。さらにアペルカンプはドイツ語も堪能であるため、他の選手とも彼を介して意思疎通が取れるかもしれない。

現在5試合を終了してチームはいまだに1勝と厳しい船出となっている。そんなチームを救うのが日本の2選手になるはずだ。今後の両選手に期待したい。川崎フロンターレから今季デュッセルドルフへ移籍した田中碧。今季すでに2試合に出場しており、レギュラー獲得に向けて良いスタートを切っている。

その要因の1つとして同じく日本人プレイヤーであるアペルカンプ真大の存在は大きいだろう。U-21ドイツ代表に選ばれている同選手だが、日本とドイツのミックスであり、日本語でのコミュニケーションも問題ない。

右SBで頭角を表したアペルカンプは、本職の中盤で出場機会を増やす。今季はすでに5試合に出場しており主力として活躍。シャルケ戦では1得点を記録するなど、チームでの存在感は大きくなっている。

そんなアペルカンプと田中が、デュッセルドルフでの中盤を支えることになるだろう。田中のデビュー戦も両者での交代で途中出場している。同クラブは[4-1-4-1]を起用しており、シャルケ戦では2人がインサイドハーフを務めた。田中も初挑戦となるドイツで日本語でコミュニケーションを取れる選手がいるのは、非常に心強い。さらにアペルカンプはドイツ語も堪能であるため、他の選手とも彼を介して意思疎通が取れるかもしれない。

現在5試合を終了してチームはいまだに1勝と厳しい船出となっている。そんなチームを救うのが日本の2選手になるはずだ。今後の両選手に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ