覇権奪回へ“世界最高級DF”は欠かせない 復帰近づくリヴァプールの大黒柱

リヴァプール守備陣の要であるファン・ダイク photo/Getty Images

仲間も復帰を心待ちにする守備の要

2020-21シーズンこそ怪我人続出の影響によってプレミアリーグで3位に甘んじたリヴァプール。果たして来季、彼らはイングランドの覇権を奪還することができるか。最大のライバルとなることが予想されるマンチェスター・シティは強敵だが、万全の状態で臨むことができればレッズにも間違いなくチャンスはあるはずだ。

そのなかで、注目したいのはやはりオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだろう。昨季リヴァプールの歯車がなかなか噛み合わなかったのは、間違いなくこの男を長期間欠いていたことが大きい。圧倒的な守備力に加えて、ロングフィードでもチームに貢献できるセンターバックが1年を通して稼働できるか。これこそ、リヴァプールの命運を左右する最も大きな要素といえる。

「まだ万全というわけはないが、復帰には徐々に近づいている印象だよ。これまでのトレーニングは非常にうまくいっている印象だ。完全に通常のトレーニングに戻るのがいつになるかはわからないけれど、急がせるつもりはないよ。あと数日待つことになっても問題はないね」

そんなファン・ダイクの復帰に関して、先日ユルゲン・クロップ監督はこのように発言。まだ100%の状態ではないようだが、新シーズンに向けて調整は順調に進んでいるようだ。うまくコンディションが整うようであれば、現地時間8月14日に開催されるノリッジ・シティとのプレミア開幕戦に出場することも可能か。いずれにせよ、シーズンの早い段階で守備陣の大黒柱が復帰できそうなことは、リヴァプールにとって嬉しいニュースといえるだろう。

「フィルジルは素晴らしい男だし、素晴らしいプレイヤーだよ。彼が僕たちに与える影響は非常に大きい。リーダーとして、そしてキャプテンの1人として自分が果たすべき役割を理解しているんだ。彼の仕事はチームが実行すべきことの大部分を占めている。そういった部分も含めて、フィルジルがトレーニングに戻ってきたことを誰もが本当に喜んでいるよ」

チームメイトのDFトレント・アレクサンダー・アーノルドも、ファン・ダイクがチームに与える影響は他に類を見ないほど大きいとこのように語っている。開幕からフル回転できるかは不透明だが、復帰が近づくリヴァプールの大黒柱。彼さえいればリヴァプールの守備はリーグでも屈指のレベルとなるだけに、再びファン・ダイクがピッチで躍動する瞬間を楽しみに待ちたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ