ヤングなイタリア代表にはまだ目玉選手がいる W杯を目指す22歳の才能

ザニオーロもイタリアが誇るヤングスターの1人 photo/Getty Images

EUROでも見たかった選手の1人

EURO2020で見事な戦いを披露しているイタリア代表には、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、DFアレッサンドロ・バストーニ、MFニコロ・バレッラ、FWフェデリコ・キエーザなど若い選手たちが多数入っている。

彼ら若い選手の成長がロベルト・マンチーニ率いるイタリアの魅力の1つだが、ここは来年のワールドカップ・カタール大会でまだまだ強化できる。イタリアにはまだ優秀な若手がいるのだ。

その1人が、仲間の活躍を見守るローマ所属MFニコロ・ザニオーロだ。

怪我の影響もあってザニオーロはEURO2020を回避したが、22歳のレフティーは若手が揃うイタリアの中でも特別な才能を持つプレイヤーとして以前から注目を集めていた。若きイタリア代表で目玉になれるプレイヤーなのだ。

190cmの長身から繰り出す柔らかい足下の技術はすでにセリエAでも通用している。ローマは新シーズンよりジョゼ・モウリーニョが指揮を執るが、名将の指導によってもう一段上の選手になれる可能性もある。

伊『Gazzetta dello Sport』のインタビューにて、ザニオーロは「今の僕は前を向いていて、来年にはワールドカップがある。そこに行きたいとの思いを隠していないよ」と語っている。EUROで活躍する仲間たちに刺激を受けているのだろう。

ザニオーロが代表へ加われば、攻撃のオプションはさらに増える。新シーズンよりワールドカップへ向けたサバイバルが始まることになり、ザニオーロがイタリア代表に割って入っていけるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ