川崎と名古屋に貴重なゴール “上位キラー”と化したマルティノスがベガルタを低迷から救う?

マルティノスのゴールで名古屋を撃破した仙台 photo/Getty Images

名古屋戦で決勝ゴールを奪ったマルティノス

ベガルタ仙台は明治安田生命J1リーグで2位の名古屋グランパスと対戦。劣勢も予想される中で、1-0と勝利した。決勝点を奪ったのは、首位の川崎フロンターレにも同点ゴールを決めたクエンテン・マルティノスだ。

マルティノスは42分、相手が中盤でボールを回すと強くプレスをかける。相手がバランスを崩すと味方がボールを奪って、再びマルティノスがパスを受ける。前を向いたマルティノスは、細かいステップで相手を撹乱させると、右サイドへのドリブルでシュートコースをつくる。そのままファーポストへボールを流し込み先制点を決めた。得意のドリブルから突破すると、最後は自らシュートを沈めた。

仙台は37%という支配率の中、シュート7本で1点をもぎ取り勝利した。被シュートは17本ながら、相手のお株を奪う堅守を見せつけて勝ち点3を獲得。マルティノスの一撃が名古屋に痛い黒星を付けさせた。マルティノスは第20節の川崎戦でも後半ロスタイムに同点ゴールをマーク。1位と2位のクラブにゴールを決めており、まさに“上位キラー”となっている。

その要因として彼の独特なリズムと勢いが挙げられる。名古屋戦では、パスを受けるとドリブルで自ら持ち込んでシュートを決めており、川崎戦でもボールを受けるとすぐさま強烈なシュートでネットを揺らした。独特なリズムと雰囲気を持つ彼がボールを持つと日本でもトップレベルのDF陣も付いていくのが精一杯なのかもしれない。今季の2ゴールは上位2クラブから勝ち点をもぎ取る2得点となっており、低迷するチームにおいて重要な役割を担っている。

しかし、下位相手に簡単にボールロストしてしまうなどムラがある選手でもあるだろう。それも含めて“上位キラー”である所以かもしれない。浦和レッズに所属していた昨季は4ゴールに終わった。仙台へ移籍した今シーズン、上位クラブへの得点を足掛かりにさらなる得点に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ