ケイン、サラーに次ぐレスターの点取り屋 来季の得点王争いを面白くさせる存在

今季ブレイクを果たしたイヘアナチョ photo/Getty Images

チェルシー戦でもゴールを決めたイヘアナチョ

チェルシーとの直接対決に敗れCL出場が難しくなったレスター・シティだが、先日行われたFA杯ではタイトルを奪取しており、リーグの結果がどうであれ悪くないシーズンであることは間違いないだろう。また、若手の台頭が著しくCL出場もこのままチームが成熟していけば、叶わない夢ではないと言える。そんな今後に期待が掛かるチームで今季一番伸びた選手と言えばケレチ・イヘアナチョだろう。

2017年にマンチェスター・シティから加入したイヘアナチョは着実に出場機会を掴み、今季大ブレイクを果たした。リーグ戦ではジェイミー・バーディに次ぐ12得点を記録しており、全コンペティションを合計すれば19ゴール。イヘアナチョがチームトップスコアラーとなっている。また、得点ペースが凄まじく2021年になってから16ゴールと得点を量産している。

これは今季のプレミアの得点王を争っているモハメド・サラーやハリー・ケインと同じレベルの成績だ。チャンピオンズリーグ、リーグ戦、カップ戦とすべてのコンペティションで挙げた年内のゴールはサラーが16点、ケインが15点となっている。

数字だけではあるが、イヘアナチョも前述した両名に張り合えるだけの記録は残しており、今の調子を維持し続ければ来季のプレミア得点王争いに名を連ねる可能性は高いだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ