もう2度と無回転フリーキックは蹴るな!? ファンがC・ロナウドに願うのは[映像アリ]

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

トリノ戦でのキック継続を願う

ようやくユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドのフリーキックが炸裂した。

近年は壁にぶつけたり壁のはるか上を超えていくミスショットも多かったが、ロナウドは4日に行われたトリノ戦で61分に見事なフリーキックから追加点を記録。チームの4-1勝利に貢献した。

フリーキックといえばロナウドの代名詞の1つだったが、今回のショットは少し違う。英『Sportbible』も注目しているが、ロナウドはトリノ戦にて曲げて落とすタイプのシュートを選択しているのだ。

これまでは力を込めた無回転ショットを選択する機会が多かったが、トリノ戦ではややコントロール重視で蹴ったように見える。ボールスピードは少し落ちたかもしれないが、そのぶんコースは正確だった。

同メディアによれば、SNS上ではこの蹴り方を続けた方がいいとの意見が多く挙がっている。無理に派手な無回転にこだわるより、コース重視で蹴った方が成功率は上がるかもしれない。

「ロナウドがようやくナックルボールにトライしなくなったようでハッピーだ。彼はよりインサイドに近いところでボールを蹴った方がいい」

「この技術こそ私がロナウドに伝えたかったものだ。無回転スタイルは忘れるべき」

「この蹴り方ならもっと得点を決められる」

「もう2度と無回転ショットは見たくない」

今や世界屈指のキッカーとなったバルセロナFWリオネル・メッシもコースを狙ったキックを選択しており、無回転は蹴っていない。強烈な無回転ショットはド派手だが、もっと力を抜いてコース重視のキックを選んだ方がいいか。




●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ