14位ウディネーゼのGKが凄い 今季セリエAトップタイの好成績だ

2018-2019シーズンよりウディネーゼでプレイしているムッソ photo/Getty Images 

昨年3月にアルゼンチン代表デビュー

2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブからウディネーゼに移籍したGKファン・ムッソ。2018-2019シーズンのイタリア・セリエA第10節(ジェノア戦)より正GKに定着すると、ファインセーブを連発し同クラブの1部リーグ残留に貢献。昨年3月のモロッコ代表戦でアルゼンチン代表デビューを果たすなど、着実に実力をつけている。

今季もウディネーゼの正GKに君臨しているムッソの特筆すべき点は、至近距離から放たれたシュートへの反応の速さだ。データサイト『Sofa Score』によると、同選手は今季のセリエAにおいてペナルティエリア内から放たれたシュートを54本止めている。これは現イタリア代表の正GKジャンルイジ・ドンナルンマ(現ミラン、46本)、ユヴェントスの正GKヴォイチェフ・シュチェスニー(35本)やインテルのサミール・ハンダノビッチ(32本)といった猛者たちを上回る数値だ。

また、ムッソは今季のセリエAで既に9回の無失点試合を達成しているが、こちらはドンナルンマらと並びリーグトップタイの好成績。第23節以降の4試合で2失点と、中断前のリーグ戦で守備の改善が見られたウディネーゼだが、この4試合でもムッソは安定感溢れるキャッチングや好セーブを連発し、セリエA残留争いに巻き込まれている同クラブ(現14位)の勝ち点上積みに貢献している。今やウディネーゼに欠かせない存在となった同選手の更なる成長に期待したいところだ。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

  http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ