市場価値TOP5のうち4人が“新・黄金世代” 驚異のイングランド若手軍団

イングランド代表のサンチョとラッシュフォード photo/Getty Images

将来が楽しみすぎる世代

現在のイングランド代表は楽しみな若手が揃うNEWゴールデンジェネレーションなどと呼ばれて話題だが、1つ興味深いデータがある。

8日にスイスを拠点とするサッカー調査機関『CIES Football Observatory』が欧州五大リーグでプレイする選手の市場評価額ランキングを発表したのだが、トップ5のうち4人が若きイングランド人選手で構成されているのだ。

英『Daily Mali』もこの結果を取り上げているが、まず第1位はパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ。次世代のサッカー界を引っ張っていくと言われるフランスのヤングスターは、さすがに2億3100万ポンドと驚異的な評価を受けている。

それに続く第2位はマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングで1億7300万ポンド。若手というより、もうスターリングはイングランド代表のエースだ。今後はスターリングとハリー・ケインが前線を引っ張ることになる。

第3位はドルトムントFWジェイドン・サンチョで1億5900万ポンド。ムバッペとは少し差がついているが、ブンデスリーガでの活躍を見ればサンチョも次期スーパースター候補なのは間違いない。

4位はリヴァプールで伸びるDFトレント・アレクサンダー・アーノルドで1億5200万ポンド。トップ10のうちサイドバックの選手はアーノルドと、9位に入ったバイエルンDFアルフォンソ・デイビスの2人のみ。タイプは異なるが、サイドバックの位置からアシストを量産できるプレイヤーとして評価されている。

そして5位はマンチェスター・ユナイテッドの若き点取り屋マーカス・ラッシュフォード。サンチョ、スターリングとライバルは多いが、ラッシュフォードも今後のEURO2020や2022ワールドカップでイングランド代表の主役になるべき才能の持ち主だ。

このトップ5に入った4人が今後のイングランドサッカー界を引っ張っていくのは間違いなく、この世代はイングランドにEUROかワールドカップのトロフィーを届けてくれるかもしれない。

デイビッド・ベッカムやスティーブン・ジェラードら前黄金世代は特別なタイトルを手にできなかったが、新・黄金世代は世界の頂点に立てるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ