サンチョ&ニャブリよりも上 A・デイビス、今季ブンデスでのスタッツが凄い

評価を高めているアルフォンソ・デイビス photo/Getty Images 

今やワールドクラスのサイドバックに

昨年1月よりバイエルン・ミュンヘンでプレイしているDFアルフォンソ・デイビス(19歳/カナダ代表)。同クラブのハンス・ディーター・フリック現監督より左サイドバックのレギュラーに据えられてからも、持ち前の快足を遺憾なく発揮。今季の公式戦で左サイドから幾度となく決定機を創出している。

加入からおよそ1年半でバイエルンのレギュラーに定着してみせたデイビスだが、今やワールドクラスのサイドバックに成長したと言っても差し支えないだろう。同選手は今季のブンデスリーガで72回のドリブル成功数を叩き出しており、これは同リーグ屈指のウイングFWとして名高いドルトムントのジェイドン・サンチョ(63回)や、バイエルンのセルジュ・ニャブリ(46回)の両名を上回る数値。また、これは同リーグ全18クラブのフィールドプレイヤー中トップの成績だ(データサイト『Sofa Score』より)。

今月17日に行われたブンデスリーガ第26節ウニオン・ベルリン戦で計36回のスプリントを記録したほか(英『squawka』より)、26日の同リーグ第28節ドルトムント戦では前半33分に驚異的なスピードで自陣ペナルティエリアへ戻り、相手のFWアーリング・ハーランドの突破を食い止めるなど、2か月にわたったリーグ中断を物ともしないパフォーマンスを見せているデイビス。左サイドでコンビを組んでいるニャブリとの連係も良好で、カットインしたニャブリをデイビスが外側からタイミング良く追い越すという攻撃パターンが相手チームの脅威となっている。このバイエルンの新星DFの躍動はまだまだ続きそうだ。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

  http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ