“ファイター集団”だったアーセナルの恐怖 ギグスが語る最強の対戦相手

今とは違う魅力あった当時のアーセナル photo/Getty Images

今より堅守で厄介だった

近年のアーセナルは華麗にパスをつなぐ魅惑の攻撃集団というイメージが強いが、以前はファイターが揃う少し血の気の多いハードなチームとの印象があった。

パワーとサイズを備えた選手も多く、守備も安定していた。美しさでは近年の方が上かもしれないが、安定感では確実に1990年代後半から2000年代前半あたりの方が上だった。

英『Sky Sports』によると、マンチェスター・ユナイテッドで長くプレイしてきたMFライアン・ギグスは1998-99シーズンのアーセナルがキャリアで最もタフなチームだったと振り返る。

「当時のアーセナルは経験豊富なチームだった。最終ラインには有名な5人がいて、前線にも多くのものが揃う。パワー、スピードがあり、デニス・ベルカンプのイマジネーションにニコラ・アネルカの得点力もある。彼らがプレイした中で最もタフな相手だ。ジョゼ・モウリーニョのチェルシーも異なる形でタフだった。彼らは実用的で、崩すのが難しかった。だけど、当時のアーセナルは何でもできたからね」

最終ラインにはマーティン・キーオン、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、トニー・アダムス、スティーブ・ボールドら経験豊富なレジェンドが揃い、GKにはデイビッド・シーマンが構える。最終ラインの前にはエマニュエル・プティ、パトリック・ヴィエラが君臨するなど、美しさよりもハードな集団とのイメージだ。

当時は最後までマンUとアーセナルがデッドヒートを繰り広げた末に、マンUが勝ち点79を稼いでリーグ制覇を達成。アーセナルは1ポイント届かぬ78点でのフィニッシュだった。

ギグスにとってあの頃のアーセナルは強烈な存在だったのだろう。特に経験豊富な守備陣は厄介で、そうした経験は近年のアーセナルに欠けているものなのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ