“モンスター”なのに世代で最も過小評価されているFW? 見るべき2つの数字

インテルのルカク photo/Getty Images

もっと評価されるべき大型FW

パワー、サイズ、スピードと、全てトップクラスなのに適切な評価を得ていないストライカーがいる。

英『TalkSport』が「世代で最も過小評価されているストライカー」と取り上げたのは、今季インテルで躍動するベルギーの大型FWロメル・ルカクだ。

ルカクは13日に27歳の誕生日を迎えたのだが、同メディアが目をつけたデータが2つある。まず1つは、今年の2月にルカクが達成した「インテル史上最速での20ゴール」だ。

昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したルカクは、ラウタロ・マルティネスとのコンビからゴールを量産。2月時点で加入後20ゴールを記録したのだ。エルナン・クレスポやアドリアーノ、ディエゴ・ミリートらクラブのレジェンドFWを上回っての史上最速記録となり、これはもっと評価されるべきことだ。

そしてもう1つ。それは「プレミアリーグ通算100ゴール達成までにかかった試合数」だ。ルカクはエヴァートンやマンUの選手としてプレミアリーグを戦ってきたが、100ゴール達成までに要した試合数は216試合となっている。

これはプレミア史上12番目の記録となっており、ディディエ・ドログバ(220試合)やウェイン・ルーニー(247試合)よりも速いのだ。トッテナムFWハリー・ケイン(141試合)、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ(147試合)には及ばないが、それでもルカクの数字は印象的だ。

しかもルカクの場合はプレミアでのゴールの大半が中堅クラブ・エヴァートンでのものとなっており、アグエロらに比べてゴールを奪うのが難しい環境にあったと考えることもできる。

大舞台に弱いと批判を受けることもあり、マンUでも期待に100%応えたわけではない。しかしマンUの場合、ルカクの能力を十分に引き出せなかったと表現する方が正しいだろう。同メディアはルカク放出が大失敗だったのではないかとの見方を示しているが、インテルでの活躍を嘆いているマンUサポーターも多いはずだ。

191cmのサイズを活かして相手センターバックをねじ伏せることができ、大型ストライカーに似合わぬスピードまで備えている。ルカクはもう少し高く評価されるべき選手と言えそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ