身長196cmの巨人が進撃開始 “最強守護神”の座を21歳が奪いにかかる

ミランの正守護神を務めるドンナルンマ photo/Getty Images

16歳でデビューから5年

現在、世界最高のGKを選ぶとするのであれば誰になるか。リヴァプールのアリソン・ベッカー、アトレティコ・マドリードのヤン・オブラク、レアル・マドリードのティボー・クルトワ、バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン……。候補は多い。

しかし、そんな名手が揃う争いに殴り込みをかけようとする若手守護神がいる。ACミランのジャンルイジ・ドンナルンマだ。2015-16シーズン、16歳の若さでセリエAデビューを飾った逸材ももう21歳。これまでは若さゆえの経験不足も懸念されたが、デビューから5年が経過した今、そろそろ最強の争いに加わってきてもいい頃だろう。この守護神は身長196cmというサイズを誇りながらも、アジリティを含めた全て能力でハイレベルなものを備えている。

本人もGKとして世界の頂点を狙う気合は十分だ。伊『Rivista Undici』のインタビューの登場したドンナルンマは、世界最強守護神への憧れや自身のチーム内における立場の変化について次のように語っている。

「欧州で素晴らしいキャリアを過ごしたいと思っているよ。僕は世界で最高のGKになりたいんだ。常に情熱をゴールを守ることに注いできたからね。このポジションはアドレナリンがたくさん出るから気に入っているんだ。最初に経験したミラノダービーは、僕にとって間違いなく重要な試合だったね。インテルとの対戦はとても大きく感情を揺さぶられたよ。僕は最初、他の選手がみんな年上だったからシャイな男だった。でも、今では数年間在籍している選手の一人となった。僕が重要な役割を担っていることをみんな知っている」

自身の大好きなポジションで世界最強を目指すドンナルンマ。はたして近い将来、この巨人GKの夢は叶うのだろうか。ポテンシャルは間違いなく高いだけに、21歳の飛躍に期待したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ