トレゼゲと並んだロナウド、セリエA記録まであと「2」 驚異の得点関与数も

セリエA9試合連続ゴール

昨年末から調子を上げているユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの勢いが止まらない。

2日に行われたセリエA第22節で、フィオレンティーナをホームへ迎え入れたユヴェントス。この一戦でスターティングメンバーに名を連ねたロナウドは、2つのPKを沈めて3-0の勝利に貢献した。この結果、ユヴェントスは2位インテルと勝ち点差「3」のまま首位をキープしている。

フィオレンティーナ戦のゴールにより、リーグ戦直近9試合で14ゴールと、驚異の得点力を披露するロナウド。この間に9試合連続でゴールを記録しているが、データサイト『opta』によると、ユヴェントスの選手としては2005年12月に達成したダビド・トレゼゲ以来約14年ぶりの偉業とのことで、クラブ記録に並んだ。また、ロナウドはフィオレンティーナ戦でセリエA50試合出場を達成。ここまで通算40ゴール10アシストを記録しており、1試合に1点のペースでゴールに関与しているという。

はたして、ロナウドの連続得点記録はどこまで続くのか。なお、セリエAの最長記録はガブリエル・バティストゥータ(1994年)とファビオ・クアリアレッラ(2019年)が打ち立てた11試合となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ