イングランド最高のセンターバックへ ストーンズ、マグワイアを脅かす22歳

イングランド代表のゴメス photo/Getty Images

ロシアW杯から評価は一転

2018ロシアワールドカップでベスト4に入ったイングランド代表では、ジョン・ストーンズとハリー・マグワイアがセンターバックとして重要な役割を果たしていた。2人は年齢的にもEURO2020、2022カタールワールドカップを目指せる選手だが、現状を考えるとEURO2020でスタメンを任せるべきだろうか。

ストーンズはマンチェスター・シティで伸び悩んでおり、評価は今ひとつ上がってこない。マンチェスター・ユナイテッドのマグワイアはチーム全体が評価を落としている。絶賛されたロシアワールドカップの頃とは明らかに状況が違っていると言えよう。

そんな中で英『90min』は、EURO2020にてリヴァプールDFジョー・ゴメスをセンターバックに推薦している。ゴメスは22歳と若い選手だが、堅守を誇るリヴァプールでセンターバックを任されている。

相棒のフィルジル・ファン・ダイクの存在が大きいとはいえ、ゴメスの実力は確実に伸びている。サイドバックも担当できるだけあってスピードに自信を持っているため、広範囲をカバーできるのも強みだ。

23日のウォルバーハンプトン戦では1失点してしまったが、それまでリーグ戦では7試合連続でクリーンシートを達成している。今のイングランドサッカー界で最も安定したセンターバックなのは間違いないだろう。

ストーンズ、マグワイアとの差は確実に縮まったはずで、ゴメスがイングランド代表で主役になる時がきたか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ