南野を歓迎するザルツブルク・コネクション ロッカールームの位置に変化あり

リヴァプールに移籍した南野 photo/Getty Images

スムーズな適応を目指す粋な采配

冬の市場で移籍した選手は、シーズン途中からチームに合流することもあって適応に時間がかかる場合がある。今冬にザルツブルクからリヴァプールへ移籍した日本代表FW南野拓実もそうだ。

オーストリアとイングランドでは環境が大きく異なり、当然ながらプレミアリーグの方がレベルは高い。南野もすぐ大活躍とはいかないだろう。リヴァプール側もそれは理解しているはず。まずは新たなチームメイト、戦術、国の文化、言語などに適応していくことからのスタートだ。

英『LIverpool Echo』によると、リヴァプールも南野がスムーズにチームへ適応できるよう様々な気遣いをしてくれているという。その1つが、ロッカールームの位置だ。

南野はリヴァプールで背番号18をつけているが、ロッカールームの場所は8番のMFナビ・ケイタ、10番のFWサディオ・マネの間になっている。2人ともザルツブルク出身の選手ということもあり、ザルツブルク・コネクションを活かして南野を適応させようとの狙いだろう。

本来は9番を背負うFWロベルト・フィルミーノが2人の間に陣取っているようだが、南野のために席を空けることになったという。マネとは被っていないが、ケイタと南野はザルツブルクでチームメイトだった期間がある。隣同士ならばコミュニケーションも取りやすくなるだろう。

すでに南野はエヴァートン戦でデビューも果たしているが、スムーズにフィットできるだろうか。リヴァプールが貴重な戦力として南野を歓迎しているのは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ