アラバCB起用成功の裏にある“もう1つ”のコンバート 19歳が見せる可能性

左サイドバックとして躍動するデイビス photo/Getty Images

「コンバートはかなり簡単にできた」

現在、ニクラス・ズーレやリュカ・エルナンデスなど最終ラインの主力に負傷者が続出しているバイエルン・ミュンヘン。この状況で見事その穴を埋める活躍を見せているのがダビド・アラバだ。アラバといえば左サイドバック。そんなイメージを上書きしてしまうほど、同選手のセンターバックとしてのプレイはそつがない。以前から複数のポジションをこなす器用な選手ではあったが、改めてその適応能力の高さを示している。

しかし、このアラバのCB起用をスムーズに行うことができているのは、もう一つのコンバートがうまくいっているからではないだろうか。アラバがCBに回ったことで空席となった左SBにぴったりとハマる選手が現れたのだ。アルフォンソ・デイビスである。

もともとウイングの選手として今年1月にバイエルンにやってきたデイビス。かねてよりサイドバックとしての起用は噂されていたものの、この緊急事態を受けて本格挑戦する時期は少し早まった印象だ。だが、この19歳は早くも存在感を発揮。持ち前のスピードを生かした攻撃参加だけでなく、守備面でもチームに貢献している。活躍度合いは期待以上と言っていいだろう。とはいえ、急なコンバートに不安はなかったのだろうか。それについてデイビスは『BayernTV』のインタビューで次のように語っている。

「監督は僕の中に何かを見つけたことで、毎週僕のことを左SBやウインガーとして起用する。でもそれは問題じゃないよ。どちらで起用されたとしても、僕は仕事をすることができる。ダビド・アラバみたいな世界で最も優れた左SBが助けてくれているんだからね。とても感謝しているよ。ウイングからSBへのコンバートはかなり簡単にできた。バンクーバー(・ホワイトキャップス)でもそこでプレイしていたからね。そこでプレイすることでいろんなことを学んでいるよ」

前所属クラブでも経験があったため、「かなり簡単にできた」と語ったデイビス。どうやら、アラバからも十分なサポートを受けているようだ。とはいえ、この順応の早さが素晴らしいことに違いはない。ハンジ・フリック監督もこの19歳の仕事ぶりには満足すると同時に大いに驚かされているようだ。

「デイビスは本当にいい仕事をしているよ。彼については、少し驚いたと言わざるを得ないね。特にドルトムント戦でのパフォーマンスだ。とても俊敏で最高クラスのクオリティを持ったアクラフ・ハキミとジェイドン・サンチョに対して彼が行なった守備を私は認めなければいけない。本当にデイビスはうまくやったよ。攻撃面をいくつか改善することができれば、彼はさらに我々に歓喜をもたらすと思うね。大きな可能性を秘めた選手だし、バイエルンはこれから確実にその恩恵を受け取ることとなるはずだ」

驚愕の適応能力で周囲を驚かせるデイビス。はたして、彼はこれからどのような選手に成長していくのだろうか。抜群のユーティリティ性を持つ19歳から今後も目が離せない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ