マネが語るユルゲン・クロップという男 名将のチーム作りにおける秘訣とは

リヴァプールを常勝軍団に作り変えたクロップ photo/Getty Images

「盲目的に信頼している」

今季プレミアリーグの首位を快走するリヴァプール。ここまで11試合を消化しての戦績は驚異の10勝1分といまだに無敗をキープしており、積み上げた勝ち点31ポイントは2位マンチェスターシティを6ポイントも突き放している。2019-20シーズン、いよいよマージーサイドの赤色軍団が悲願のプレミア優勝を成し遂げるか。サポーターの期待は高まっている。

ここまで強いリヴァプールを作り上げた立役者。その一人として、ユルゲン・クロップ監督の名は間違いなく挙がるだろう。シーズン途中に就任した初年度こそ8位に沈んだが、そこから徐々にチームの改革を推し進めた同監督。昨季リーグ戦はマンCにわずか1ポイント差で振り切られ2位に終わったものの、チャンピオンズリーグではチームを14季ぶりとなる優勝に導いた。その功績は計り知れない。

では、クロップ監督はどのようにしてリヴァプールをここまでの常勝軍団に育て上げたのか。サディオ・マネがその秘訣をクラブ公式サイトのインタビューに対して語っている。

「クロップのチーム作りがうまくいく秘訣は、彼がチームにおいて父親のような存在になることだと思うね。僕らはみんな監督を父親のように愛し、時には恐れるんだ。彼は僕の人生において、サッカーだけでない部分でも多くのスペースを占めている。人として素晴らしいね。僕は彼のことを盲目的に信頼しているよ」

どうやら、マネはクロップ監督の人柄こそが彼のチーム作りを支える根幹だと考えているようだ。基本的な部分だが、やはり選手との信頼関係を築くことがチーム作りにおいて最重要ということなのだろう。それにしても、世界トップレベルのストライカーに「盲目的に信頼している」とまで言わせるとは驚きだ。

選手にミッションを課し続ける「教師タイプ」の指揮官とは違い、自身も共に戦場に乗り込むような「リーダータイプ」のクロップ監督。はたして、このリーダーに引っ張られるリヴァプールは今季どこまで勝ち点を積み上げることができるか。この指揮官がいる限り、リヴァプールはこれからも“常勝軍団”としてプレミアを席巻することだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号では、波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ