レアルで5000万ユーロの新DF大苦戦 300分しかプレイできぬ“3番手”の現状

レアルのミリトン photo/Getty Images

まだジダンの信頼をつかめていないのか

「もしジダンがチャンスをくれるなら、良い仕事をするつもりだよ」

これは今夏レアル・マドリードに加わったDFエデル・ミリトンが語っていた言葉だ。ミリトンは今夏にFCポルトから5000万ユーロもの移籍金でレアルに加わったのだが、まだ300分間しかプレイしていない。

レアルにはセルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァランの2人がいるため、ミリトンはセンターバック3番手だ。1年目からレギュラーポジションを掴むのは難しいと分かりきっていたが、それでもプレイタイムが少なすぎるのではないか。

スペイン『MARCA』もジダンがミリトンを信用していないと伝えているが、今のところは完全なターンオーバー要員だ。初めて先発したのは9月18日のパリ・サンジェルマン戦で、このゲームを0-3で落としたことは印象が悪い。ジダンの中でミリトンへの評価が決まってしまったゲームだったのかもしれない。

レアルのバックアッパーDFといえばナチョ・フェルナンデスも有名な存在だが、ナチョは昨季の同時期に779分間もプレイタイムを与えられている。ナチョはユーティリティDFとしてジダンから信頼されていたが、ミリトンはまだバックアッパーDFとして100%の信頼を得ているわけではないのだろう。

ミリトンはブラジル代表にも選ばれている実力者なのだが、信頼の3番手DFとなることができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ