武藤嘉紀は今冬に放出するべき!? プレミアで苦しむサムライに厳しい指摘

ニューカッスルの武藤 photo/Getty Images

1年経っても状況変わらず

昨夏マインツからFW武藤嘉紀がニューカッスルに加わった時、サポーターの中には武藤がどんな選手なのかよく知らないという人もいただろう。あれから1年が経過したわけだが、まだ武藤のことをよく分かっていないサポーターも多いのではないだろうか。武藤のプレイタイムは限られ、思うように特長を出せていないからだ。

地元メディア『Geordie Boot Boys』は今冬にも武藤放出を考えるべきではないかと取り上げており、タイムアップの時が近づいているのかもしれない。クラブ、サポーターを納得させるには、早急に結果を出す必要がある。

「残念ながら彼はニューカッスルの得点問題の答えとなる存在には見えない。サポーターの中にはジョエリントンも1得点しか決めていないと言う者もいるだろうが、武藤との違いはオールラウンダーかどうかだ。大柄なジョエリントンは前線でボールを収めることもできるが、武藤はそうした特長やフィジカルを有していない」

同メディアはこのように伝えており、指揮官スティーブ・ブルースが戦い方を変えない限り武藤がフィットすることはないとの見方を示している。前線からプレスをかける献身性など武藤にも魅力は多いのだが、プレミアで残留を目的とするニューカッスルで武藤が戦っていくのは簡単なことではない。思うようなボールが前線に届かない展開の方が多いのだ。

同メディアはニューカッスルが次の移籍市場で新たなFW獲得へ動く可能性があるとも伝えており、チームが現在の前線に満足していないのは明らかだ。武藤は1年経った今も自身の魅力を十分にアピールできていない。いつまでもクラブが待ってくれるということはなく、首脳陣を満足させるには早い段階でもっと結果を出す必要があるのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ