“数年間”世界最高だったFW モウリーニョが名指しするバロンドール級の男

モウリーニョとエトーはチェルシーでも共闘 photo/Getty Images

バロンドールに値したと称える

名将ジョゼ・モウリーニョはこれまで数多くの名プレイヤーと仕事をしてきたが、その中でバロンドール受賞にふさわしいと感じた選手がいたという。

高い得点能力と身体能力、ストライカーとは思えぬ献身性を武器に数多くのタイトルを獲得した元カメルーン代表FWサミュエル・エトーだ。エトーは先日現役引退を表明したが、インテルではモウリーニョの下で3冠制覇を経験している。

英『BBC』によると、モウリーニョもエトーがバロンドールを獲得できなかった理由が分からないとコメント。世界最高のストライカーだった時期もあったと絶賛している。

「あれほど印象的なキャリアを過ごしたエトーがバロンドールを受賞できなかったことを理解するのは難しいね。彼は3度チャンピオンズリーグのファイナルを戦い、バルセロナでは2度制した。両方の決勝で得点も挙げているね。インテルでも優勝したし、リーグタイトルも数多く獲得した。彼は数年間世界最高のストライカーだったし、バロンドールにふさわしかったと思う。ただ、バロンドールは我々がコントロールできるものではないからね」

インテルでは守備に走る役割もこなし、モウリーニョのサッカーに欠かせぬ存在となった。アフリカ人選手の中でも最も活躍した選手の1人と言えるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ