来季のレアルはこうなる!? “フランス化”進んだ予想スタメンが強烈だ

獲得噂されるPSGのムバッペ photo/Getty Images

もう来季の話が出てきている

まだ今季がスタートしたばかりなのだが、すでに英『The Sun』は来季のレアル・マドリードがどうなるのかを気にかけている。というのも、ここ最近は来夏にレアルがフランス人選手3名の獲得へ本腰を入れるのではないかとの話が浮上しているからだ。

その3名とは、チェルシーMFエンゴロ・カンテ、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、そして今夏も獲得へ動いていたマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバのことだ。

すでにカンテの獲得へ向けてチェルシーと口頭合意したのではないかとの話まで出ており、サポーターの期待も膨らんでいることだろう。ムバッペは今夏も噂に挙がっていた選手で、パリを離れる場合はレアルも確実に獲得へ動くはずだ。

同メディアは早くもレアルの来季予想スタメンを紹介しているのだが、キーワードは「フランス化」だ。

GKはティボー・クルトワで変わらず、最終ラインは右からダニエル・カルバハル、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァラン、フェルランド・メンディ。中盤はカンテをアンカーに、ポグバ、トニ・クロースがインサイドハーフに入る。

前線はエデン・アザールが左、ムバッペが右、最前線は今と変わらずカリム・ベンゼマだ。ヴァラン、メンディ、カンテ、ポグバ、ムバッペ、ベンゼマと、スタメン11人中6人がフランス人選手で構成されていることになる。

左サイドバックではマルセロもいるが、来季32歳を迎えているマルセロをメンディが序列争いで追い抜くとの予想だ。またルカ・モドリッチもベテランとなっているため、ポグバを獲得できれば序列は変わるだろう。

現在アンカーを務めるカゼミロがどうなるのか気になるが、このイレブンが実現するのであれば非常に興味深い。果たしてレアルのフランス人選手3名獲りは実現するのか。簡単ではないが、早くも来季へ期待が膨らむ話題が出てきている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ