“天才レフティー”は久保だけじゃない! 忘れてはならないもう1人の神童

レアル・ソシエダに向かうウーデゴー photo/Getty Images

レアルでのポジション確保を夢見て

現在レアル・マドリードでは和製メッシとも呼ばれる天才レフティー・久保建英が強烈なインパクトを放っているが、レアルで若き天才レフティーと言えばもう1人忘れてはならない存在がいる。ノルウェーの神童と呼ばれて2015年の冬にレアルへ加わったMFマルティン・ウーデゴーだ。

ウーデゴーは同年の5月に16歳と157日の若さでデビューを飾っており、サポーターからも大いに期待されていた逸材だった。とはいえ、10代の選手がレアルでスタメンを確保できるほど甘い世界ではない。ウーデゴーはオランダのヘーレンフェーン、フィテッセとレンタル移籍を重ねてきた。そして今季からはスペインのレアル・ソシエダにレンタル移籍することになっており、武者修行はまだ続く。

気付けばウーデゴーも20歳となり、そろそろレアルで居場所を見つけたいのが本音だろう。昨季フィテッセで見せたパフォーマンスは高く評価されており、ウーデゴーに興味を示したクラブは多かった。その中でウーデゴーはソシエダへのレンタルを決断したわけだが、その決め手をスペイン『MARCA』に対して明かしている。

「昨季が終わってから僕にはいくつかの選択肢があった。多くのチームが関心を示してくれたんだ。ソシエダを含めいくつかのクラブと話し合ったけど、最初のミーティングからソシエダが僕をどう活かそうとしているのか、そのアイディアやプロジェクトに良い感触を抱いた。マドリードはいくつか選択肢があると伝えてきたけど、ソシエダのプロジェクトを選んだ」

「僕はスペインのフットボールが好きだし、ソシエダのプレスとボールを保持する戦いも好きだ。監督やスタッフと話し、僕にとってベストな選択と思った。アシエル・イジャラメンディやディエゴ・ジョレンテのことは個人的に知っていたけど、もちろん他の選手もテレビで見ている。ここにはハイクオリティの選手がたくさんいるんだ」

「名前は明かさないけど、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場するクラブからもいくつか話があった。だけど、1番重要なのは新しいチーム、監督、プロジェクトに満足感を感じることなんだ。それこそここを選んだ理由だよ」

ウーデゴーはいつの日かレアルでプレイしたいともコメントしている。今季はオランダで磨いてきた技術をリーガ・エスパニョーラの舞台で披露する時だ。当然オランダでプレイしていた時よりレアルサポーターの目に留まる機会は多くなるだろう。成長の証を見せられるのか、こちらの天才も忘れてはならない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ