日韓戦は韓国の方が優位!? 韓国は自信「日本と戦う時はメンタル変わる」

U-20W杯でベスト16へ進んだ日本代表 photo/Getty Images

U-20W杯のキックオフ迫る

4日に行われるU-20ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で実現した日韓対決。アジアのライバルとして互いに絶対落とせないゲームとなるが、韓国側は日本の戦力をどう分析しているのだろうか。

日本は死の組とも言われたグループステージを1勝2分と無敗で切り抜けており、攻守ともに安定感がある。一方で韓国はアルゼンチン、ポルトガルと難敵が揃うグループで2勝を挙げて勝ち上がっている。バレンシアに所属するFWイ・ガンインを抱えるなど、こちらも戦力は揃っている。

韓国『スポーツソウル』によると、韓国のU-23チームを指揮するキム・ハクブム監督もポーランドに入って数試合を視察しているという。同監督は日本の印象について、攻撃のスピードがかなり速いと評価している。前線の選手にスピードがあり、日本特有のパスワークと融合することで攻撃の完成度が高くなっているとの見方だ。

確かに日本はメキシコ相手に3得点、スコアレスドローに終わったイタリア戦でも相手を押し込むなど、攻撃力は高い。また守備もグループステージ3試合で1失点と安定しており、こちらも心強い。

しかし、同メディアは韓国が優位との見方を示している。その理由の1つに、日本の負傷者が挙げられる。最前線の田川亨介、2列目の斉藤光毅が負傷でチームを離脱しており、同メディアは2人を攻撃の中心と分析している。この2人が抜けたことで戦力は大幅にダウンしたと考えているのだ。

「田川と斎藤の2人が前線の中で最も脅威というのが共通した意見だ。日本は攻撃のキーマン2人を失っている。これは明らかに韓国側に有利な材料だ」と同メディアは伝えており、これはキム・ハクブムU-23韓国代表監督も同じ意見のようだ。

キム・ハクブム監督は、「韓国の選手たちは日本と対戦する時メンタルが変わる。アルゼンチン相手のパフォーマンスを見れば、日本に十分勝てる。韓国が優位だ」とコメント。日本にとって難しいゲームになるのは間違いないが、限られた戦力の中で突破口を見出せるのか。グループステージで見事な戦いを披露していただけに、若きサムライブルーの選手たちにはさらに上の世界を見せてほしい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ