ノイアーの後継者に? バイエルンOBが若きシャルケGKの移籍を猛プッシュ

今季途中から台頭したヌーベル photo/Getty Images

今季後半戦台頭の22歳

今季チャンピオンズリーグでベスト16進出を果たしたものの、所属するブンデスリーガでは現在15位と不調にあえぐシャルケ。しかしその中でチームの希望となっているのがGKアレクサンダー・ヌーベルだ。

ヌーベルはU-21ドイツ代表も経験した22歳の選手で、それまでシャルケの守護神を務めていたGKラルフ・フェアマンの怪我により第8節のブレーメン戦で今季初出場を果たす。その後数試合はフェアマンと競う形となったが、現在では8試合連続のフル出場を続け正守護神の座を射止めている。若いGKの台頭にシャルケのサポーターは心躍らせていることだろう。しかし、彼にはすでにバイエルンが興味を示しているとの噂がある。

独『SportBild』によると、バイエルンOBの元ドイツ代表MFディートマー・ハマン氏がこの移籍話に反応。同氏は「シャルケでゴールマウスを守ることより、ノイアーとともに1年間トレーニングを積む方が彼の助けになるだろう」と発言しており、ヌーベルのバイエルン移籍を猛プッシュしている。

ヌーベル獲得を望むバイエルン関係者はノイアーの再来に期待しているのかもしれない。いまではバイエルンの主将を務め、クラブの顔ともいえる存在になったドイツ代表GKの前所属はシャルケだ。そのシャルケからまた有望な若手GKが頭角を現したとあっては早めに確保したくなるのも無理はない。

しかし、サッカーは試合に出て初めて評価される世界だ。ノイアーでさえ、シャルケでの地位を絶対的なものにしてから25歳でバイエルンに移籍している。今後の活躍が期待されるヌーベルだが現在は22歳。ノイアーの背中を追いかけるのはもう少し経験を積んでからでも遅くはないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ