長友、2ヶ月ぶりの公式戦もなんのその! 復帰節で早速ベストイレブンに

移籍後初ゴールを決めた長友 photo/Getty Images

復帰戦で移籍後初得点

20日から22日にかけて、トルコの各地でスュペル・リグ第29節は行われた。怪我から復帰を果たしたガラタサライの日本代表DF長友佑都が、データサイト『WhoScored.com』が選ぶ同節のベストイレブンに見事選ばれている。

21日に11位カイセリスポルをホームへ迎え入れた2位ガラタサライ。先制点を奪われたが、その後3点を奪い返し、3-1で逆転勝利を収めている。この一戦でスタメンに名を連ね、約2ヶ月ぶりにピッチに立った長友は、逆転に成功して迎えた前半アディショナルタイムに、右からのクロスを豪快に頭で合わせ、移籍後初ゴールとなる貴重な3点目を奪った。逆転優勝を成し遂げるためにも絶対に負けられないこの試合で、怪我から復帰したばかりにも関わらず、目に見える結果を残して勝利に貢献したのだ。

後半にはゴールをわずかにそれる惜しいミドルシュート放つなど、得点以外にも存在感を発揮していた長友に対して、『WhoScored.com』は2ゴールの活躍を見せたFWエムバイェ・ディアネの「8.0」に次ぐ、「7.9」の高評価をつけている。そして、ベストイレブンにも名を連ねることとなった。

今節のベストイレブンにはカイセリスポル戦のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)になったディアネも選ばれており、他にはかつてトッテナムやリヴァプールなどでプレイした元イングランド代表DFスティーブン・コーカー(現アランヤスポル)などがメンバー入りを果たしている。

発表されたベストイレブンは以下の通り

[GK]
イブラヒム・シェヒッチ(エルズルムスポル)「8.4」

[DF]
ナジム・サンガレ(アンタルヤスポル)「8.1」
ウェリントン(アランヤスポル)「8.3」
スティーブン・コーカー(アランヤスポル)「7.8」
長友 佑都(ガラタサライ)「7.9」

[MF]
エムラ・バサン(エルズルムスポル)「8.4」
ミチェル・ドナルド(マラティヤスポル)「8.1」
タイラン・アンタリアリ(エルズルムスポル)「8.1」
アンソニー・ヌワカエメ(トラブゾンスポル)「9.5」

[FW]
エムバイェ・ディアネ(ガラタサライ)「8.0」
メブリュト・エルディンチ(アンタルヤスポル)「8.4」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ