アーセナルは”ファイター集団”になった プレミアNo.1の数字が示す変化

エメリの下で変わるアーセナル photo/Getty Images

これぞエメリ流

今季からウナイ・エメリ体制でスタートしたアーセナルは、ここまでまずまずの結果を残している。リーグ戦ではトップ4を狙える位置につけており、ヨーロッパリーグの方では大会を知り尽くすエメリのおかげもあってかベスト4へ進出。優勝の可能性も見えてきている。

では、エメリの下でチームはどう変わってきたのか。印象的なデータを紹介したのは、英『The Sun』だ。同メディアによると、アーセナルは今季リーグ戦で1試合平均114.7kmの走行距離を記録している。これはプレミアリーグでNo.1の数字なのだ。

アーセナルに続くのはライバルのトッテナムで114.3km、3位ボーンマス(114km)、4位ニューカッスル(113.9km)、5位バーンリー(113.5km)となっている。マウリシオ・ポチェッティーノ率いるトッテナムがハードワークする集団であることは有名だが、今季のアーセナルはそれをも上回る強度でプレイを続けている。それが結果に繋がっているのは間違いない。

中盤ではルーカス・トレイラが攻守両面で奮闘し、前線のピエール・エメリク・オバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットが自陣まで戻って守備をする機会も目につく。チーム全員で走り続けることこそ、エメリが求めるファーストステップだったのかもしれない。

このハードワークがトップ4、さらにはヨーロッパリーグ制覇へ繋がるのか。ただ上手いだけではなく、ファイトできる集団となったアーセナルには目標を達成するだけの力がついてきている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ