アジアカップ”最強国”はどこだ!? GS終了後のオッズで日本代表の順位は

ベスト16進出を決めた日本代表 photo/Getty Images

最大の敵はやはりイランか

UAEで行われているアジアカップ2019はベスト16が出揃った。やはりグループステージでは力関係がはっきりしているカードも多く、番狂わせはあまり起こらなかった印象だ。ベスト16の顔ぶれは予定通りと言えるのではないだろうか。

では、グループステージの戦いぶりから最も優勝に近いのはどのチームなのか。中国『新浪体育』がオッズを紹介しているのだが、グループFを3連勝で突破した日本代表は3番人気となっている。3連勝とはいえトルクメニスタン代表には苦戦し、オマーン戦では判定に助けられた部分もあった。圧倒的な優勝候補とは言えないのが本当のところだろう。

1番人気は4得点無失点の内容で3連勝を果たした韓国代表、それに続くのがアジア最強国とされるイラン代表、日本は3番手で、そこからオーストラリア代表、サウジアラビア代表、UAE代表、イラク代表、そして中国代表とカタール代表が並んでいる。

日本がベスト16で対戦するのは5番人気のサウジアラビアとなっており、こちらも油断はできない。ただ、ベスト16さえ突破すれば準決勝までは進めそうな気配がある。ベスト8はヨルダン代表とベトナム代表の勝者との対戦で、ヨルダンは同メディアの優勝オッズ10位、ベトナムは15位だ。ここは問題なく突破できるだろう。最大の山場はイランと激突する可能性が高い準決勝ということになりそうだ。

とはいえ、日本がグループを2位で通過していた場合は韓国やオーストラリア、開催国UAE、同メディアがサプライズ候補に推すカタールが揃う山に入っていたことになる。ベスト16ではオーストラリア、ベスト8ではUAE、そして準決勝では韓国かカタールと激突していた可能性が高く、こちらも相当に厄介だ。

カタールではFWアルモエズ・アリがグループステージ3試合で7得点と爆発しており、若手も育っている危険なチームだ。もちろん前回王者オーストラリアも油断できない。そう考えれば日本が1位通過した意味は大きい。イランは強豪だが、優勝するには絶対倒さなければならない相手だ。

果たして3番人気の日本は頂点へたどりつけるのか。人気通りにいくなら韓国とイランの決勝カードが予想されるのだろうが、果たして……。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ