アジア最強のU-21プレイヤー! 日本の新レフティーモンスターへの期待

日本代表の堂安律 photo/Getty Images

アジア杯の主役候補に

1月5日よりスタートするアジアカップ2019が近づいているが、今回の日本代表は若手が注目を集めている。国内、国外問わず今人気なのは中島、南野、堂安の3人だろう。欧州で活躍する3人を新たなスター候補と捉える者が多く、海外からも本田圭佑や香川真司らと比較する意見が出ている。

アジアカップでは彼らがどこまで違いを生み出せるかに注目が集まるはずで、『FOX Sport Asia』も今大会で注目すべき「U-21プレイヤー」の企画で20歳の堂安律をリストに入れている。今回は5選手が紹介されているのだが、クラブでの実績では堂安が圧倒的だ。

紹介されたのは今月のスズキカップ2018を制したベトナム代表から21歳DFドゥオン・バン・ハオ、今年1月のU-23アジア選手権で日本代表を粉砕したU-23ウズベキスタン代表から21歳MFヤスルベク・ヤフシボエフ、オーストラリア代表DFアレックス・ガースベック、イラク代表の21歳MFアーメド・アブダルリダ、そして堂安だ。

他の4人も今大会注目の若手候補なのは間違いないが、ここまでの経歴を見れば堂安が今大会最強のU-21プレイヤーと言っていいだろう。同メディアはウルグアイ代表との親善試合で世界トップクラスの守備力を誇るディエゴ・ゴディン、マルティン・カセレス、セバスティアン・コアテスらを前に堂安が魅惑のダンスを披露したと称えており、U-21カテゴリーの中では世界的スター候補生だと注目している。

チームとしてはもちろんだが、堂安や南野ら次代を担う若手が個の部分でどこまで違いを生み出せるかは大きな注目ポイントだ。プレッシャーもあるはずだが、彼らの攻撃性はアジアのDFを破壊できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ