リーグトップの空中戦勝利数 プレミアで活躍中の“変わり種DF”とは[映像アリ]

カーディフに在籍中のパターソン photo/Getty Images

元々は右SBの選手だが......

昨年よりカーディフに在籍しているDFカラム・パターソン(24歳)。2016年にスコットランド代表選手としてデビューしたほか、今季のプレミアリーグ15試合に出場して4ゴールを挙げるなど、同リーグ残留を目指すカーディフの貴重な得点源として活躍している。

そんな同選手には、ひとつ特筆すべきデータがある。スポーツデータサイト『Sofa Score』によると、パターソンは今季のプレミアリーグ第17節消化時点で119回の空中戦勝利数を記録。かねてより空中戦に強いことで知られるマンチェスター・ユナイテッドのMFマルアン・フェライニ(48回)や、リヴァプールのDFフィルジル・ファン・ダイク(72回)らを抑え、リーグトップの勝利数を叩き出している。

スコットランド代表では本職の右サイドバックでプレイしているパターソンだが、カーディフではチーム事情によりセントラルMFやセンターFWで起用されている。持ち前の跳躍力を活かしたヘディングも然ることながら、左右どちらの足からも正確なワンタッチシュートを放てるのが特長だ。複数のポジションを難なくこなすこの変わり種DFが、中堅以上のクラブに引き抜かれる日が訪れるかもしれない。




参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ