EL優勝オッズランキング ナポリらCL組を抑えて1位になったのは……

チェルシーを率いるサッリ監督。ヨーロッパリーグ優勝へ導けるか photo/Getty Images

チェルシーが優勝候補筆頭に

先日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の組み合わせ抽選会が行われ、ベスト16をかけて激突する対戦カードが決定した。そんな中、大手ブックメーカー『skybet』がELの優勝予想を行なっている。

チャンピオンズリーグのグループステージで、3位に終わったチームの参加もあるため、ラウンド32からさらなる激戦が予想されるEL。そんな中、最もオッズが低く、優勝の可能性が高いとみられているのがチェルシーだ。マウリツィオ・サッリ監督のもとで新たなスタイルへ変貌し、グループGを無敗(5勝1分)で突破した同クラブが、CL組を抑えて「5.00倍」でトップとなっている。

さらに2番目位には、チェルシーと同じくELのグループリーグを5勝1分の無敗で首位通過したアーセナルがランクイン。オッズは「7.00倍」となっている。そして僅差ではあるものの、ようやく3番目にナポリ(8.00倍)、4番目にインテル(10.00倍)とCL組が続いた。

なお、日本人選手が所属するクラブは、死の組を全勝突破した南野拓実のザルツブルク(グループB)と長谷部誠のフランクフルト(グループH)、ミランをグループステージ敗退へ追い込んだ乾貴士のベティスが揃って26.00倍で8番目に。一方で、CLから参戦する長友佑都を擁するガラタサライは伸び悩み、34.00倍で14番目に名を連ねている。

『skybet』のEL優勝オッズランキング(トップ10)の以下の通り
※はCL組

1.チェルシー 5.00倍
2.アーセナル 7.00倍
3.ナポリ 8.00倍 ※
4.インテル 10.00倍 ※
5.セビージャ 12.00倍
6.バレンシア 15.00倍 ※
7.レヴァークーゼン 21.00倍
8.ベティス 26.00倍
8.フランクフルト 26.00倍
8 ザルツブルク 26.00倍
8. ビジャレアル 26.00倍

その他の注目クラブ
12.ラツィオ 29.00倍
14.ベンフィカ 34.00倍 ※
14.ガラタサライ 34.00倍 ※
17.シャフタール 41.00倍 ※
22.セルティック 81.00倍
27.クラブ・ブルージュ 151.00倍 ※
27.プルゼニ 151.00倍 ※

[ベスト32の対戦表]
○プルゼニ×ディナモ・ザグレブ
○クラブ・ブルッヘ×ザルツブルク
○ラピド・ウィーン×インテル
○スラヴィア・プラハ×ヘンク
○FKクラスノダール×レヴァークーゼン
○FCチューリヒ×ナポリ
○マルメFF×チェルシー
○シャフタール×フランクフルト
○セルティック×バレンシア
○レンヌ×べティス
○オリンピアコス×ディナモ・キエフ
○ラツィオ×セビージャ
○フェネルバフチェ×ゼニト
○スポルティングCP×ビジャレアル
○BATEボリソフ×アーセナル
○ガラタサライ×ベンフィカ

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ