サラーは1シーズンだけの男ではない! すでに見えてきた”スアレス超え”

リヴァプールのサラー photo/Getty Images

クラブOBも絶賛

リヴァプールFWモハメド・サラーは1シーズン限りのブレイクで終わるのではないか。昨季プレミアリーグでサラーが32得点を挙げて得点王のタイトルを獲得した時、多くの人がそう思ったのではないだろうか。サラーは得点王を獲得するほどゴールを量産する選手とは考えられていなかったからだ。

しかし、今季もサラーの得点ペースは落ちていない。開幕当初こそややペースが鈍いかと思われたが、現在は10得点を挙げてアーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤンと並んで得点ランク首位に立っている。2シーズン連続の得点王を狙うことも不可能ではないだろう。

英『Daily Mirror』によると、クラブのレジェンドであるロビー・ファウラー氏もサラーが1シーズンだけの男ではないことを証明したと称えており、真の実力者と認めている。

「ナポリ戦が良い例だ。彼は違いを生みだす。たびたび彼は接戦の中で先制点や決勝点を挙げるけど、あれは偶然じゃない。サラーは1シーズンだけの選手ではないことをすでに証明しているし、本物の実力者だよ」

また、同氏はサラーがリヴァプールで長くプレイを続ければクラブの歴史に名を残すストライカーになるだけの素質を兼ね備えているとまで絶賛している。同氏はリヴァプールでどれだけ長くプレイし、活躍したかをレジェンド入りの基準としているため、サラーが数シーズン後に退団する場合はクラブの歴史に名前は残らないとの考えだ。

得点数で見ても、サラーは現時点でリヴァプール通算57得点を記録している。1シーズン半でこれだけの数字を残したのは見事で、サポーターから称賛されるFWルイス・スアレスでもリヴァプールでは通算82点だ。上手くいけば今季のうちにスアレスの得点数を超えてしまう可能性もある。

リヴァプールで長く活躍を続ければファウラーやイアン・ラッシュ、スティーブン・ジェラードらと同じくクラブのレジェンドと認められるかもしれない。サラーはそれほどのインパクトを残している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ