エジルのボールロスト&怠慢守備に、アーセナルファン激怒

アーセナルファンの怒りを買ってしまったエジル photo/Getty Images

「週給35万ポンドは無駄金」

現地時間16日にプレミアリーグの第17節が行われ、アーセナルがサウサンプトンに2-3で敗れた。

公式戦における連続無敗記録が22でストップし、悲嘆に暮れるアーセナルサポーターの怒りの矛先は、MFメスト・エジルに向けられたようだ。サウサンプトン戦の70分に投入された同選手は、84分すぎに敵陣でルーカス・トレイラからのパスを受けようとしたものの、トラップを誤り、相手DF吉田麻也にボールを奪われる形に。エジルがすぐさまボールを奪い返しにいくべき場面であったが、同選手はボールホルダーである吉田へ体を寄せず。そのまま自陣左サイドを突破されたアーセナルは相手FWチャーリー・オースティンのヘディングシュートを浴び、決勝ゴールを奪われた。

英『EXPRESS』は一部のアーセナルサポーターがTwitter上で公開したコメントを紹介。「エジルはボールを失ったくせに取り返そうとすらしなかった。(彼が貰っている)週給35万ポンドは無駄金だ」、「途中出場のエジルはアーセナルにインテンシティーや創造性をもたらさなかった。アーロン・ラムジーの方がはるかに優れている」などのコメントを伝えたうえで、同選手の緩慢な守備を槍玉にあげている。

データサイト『whoscored.com』によると、同選手は途中出場でありながら2本のキーパスを記録(味方のチャンスに繋がったパス)。攻撃面ではまずまずのパフォーマンスを見せていたものの、前述の場面では攻守の切り替えが遅かったと言わざるを得ない。先発から外されることが増えているエジルだが、レギュラーの座に返り咲くためにはこの点を改善する必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ