コバチ・マジックのフランクフルトも大苦戦? 不安視される”ELショック”

ブレーメンに得点を許すフランクフルト photo/Getty Images

EL出場の中堅クラブが苦戦するケースは過去にも

ニコ・コバチが指揮を執っていた昨季にはDFBポカールを制覇するなど、非常に良い時間を過ごしていたフランクフルト。しかしコバチはフランクフルトでの手腕が評価され、今季からブンデスの絶対王者バイエルンで指揮を執っている。代わりにフランクフルトの指揮官に就任したのはアディ・ヒュッターだが、早くも不安の声が出ている。

ヒュッター率いるフランクフルトは開幕節こそフライブルクに2-0で勝利したが、第2節では大迫勇也の所属するブレーメンに1-2で敗北。しかも開幕前のDFLスーパー杯ではバイエルンに0-5で敗れている。相手がバイエルンとはいえ、スコアは非常にショッキングなものだ。

独『Hessenschau』はコバチ体制では強みだった守備に不安があると指摘しており、ブレーメン戦でも守備が乱れていたと問題視されている。もっともこの試合は1点ビハインドの前半32分にイェトロ・ウィレムスが退場処分を受けており、早々に苦しい状態に陥ってしまった。さらにDFカルロス・サルセドが前半早々に負傷交代しており、同メディアはセンターバックの頭数も心配している。

さらにこの後フランクフルトは代表マッチウィークを挟み、14日にリーグ戦でドルトムント、20日にヨーロッパリーグ第1節でマルセイユ、23日にリーグ戦でライプツィヒと厄介な相手との連戦が控えている。欧州カップ戦に参加した中堅クラブがリーグ戦との両立に失敗し、大きく順位を落とすケースは過去のブンデスリーガでも起きてきたことだ。大迫が所属していたケルンも、ヨーロッパリーグに出場した昨季は2部降格の屈辱を味わうシーズンとなっている。フランクフルトも苦戦する可能性があり、この3連戦は非常に重要なものとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ