ガラスの天才、仏期待の大型DF、クラブ史上最高額のアタッカー 今季のプレミア・サプライズ候補は彼らだ

ウェストハムに移籍したウィルシャー photo/Getty Images

積極補強で豪華なチームに

移籍市場での活発な動きを見ると、今季のウェストハムはプレミアリーグのサプライズ候補と言えるのではないか。GKには降格したスウォンジーからウカシュ・ファビアンスキを獲得し、昇格組のフラムからDFライアン・フレデリックス、トゥールーズからフランスの世代別代表に選ばれ続けている21歳の大型DFイサ・ディオプ、ブラジルのコリンチャンスで評価を高めたDFファビアン・バルブエナ、アーセナルからガラスの天才MFジャック・ウィルシャー、ドルトムントからMFアンドリー・ヤルモレンコ、ラツィオからクラブ史上最高額でMFフェリペ・アンデルソンを獲得。即戦力が揃う豪華な補強だ。

さらに指揮官にはマンチェスター・シティでプレミアリーグ制覇を経験しているマヌエル・ペジェグリーニが就任。前任のデイビッド・モイーズよりもポゼッション志向が強くなると言われており、攻撃的なスタイルを好むペジェグリーニが新戦力たちをどう束ねてくるのかは大きな注目ポイントだ。

クラブ公式によると、FWマルコ・アルナウトビッチも新戦力たちに大きな期待をかけている。昨季は13位と苦しんだだけに、今季は夏の補強を活かしてトップ10には最低でも入りたいだろう。
「ウィルシャーがプレミアリーグで長年何をやってきたのか分かっている。フレデリックスとディオプについてはあまり知らなかったんだけど、トレーニングで彼らにクオリティがあることは分かった。そうじゃないとここにはいないよね。ヤルモレンコもウクライナで何をしてきたか分かっている。チャンピオンズリーグのゲームも数多く経験していて、ビッグチーム相手にクオリティを示していた。バルブエナについても凄くポジティブなことを聞いている。彼は昨季リーグMVPだったんだ。フェリペ・アンデルソンにはクラブも多額の資金を投じて、僕たちは彼が前線で優れたことができると理解している」 

ウィルシャー、ヤルモレンコ、アンデルソンらで構成する中盤はかなり強力なものとなるはずだ。ディオプ、バルブエナの補強も大きく、まずは昨季最下位だったWBAより12点も多かった失点68の部分を改善していかなければならない。そこさえ改善できればトップ6をも脅かすだけの戦力は整いつつあるはずだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ