まさに喧嘩別れ シャルケが“生え抜きMF”を追放

今季限りでの退団が決定的となったマイヤー photo/Getty Images

クラブ首脳との確執報道も

シャルケは先月30日、MFマックス・マイヤー(22歳/ドイツ代表)を今後トップチームの練習や試合に参加させないことを発表した。

同選手は先月7日に行われたブンデスリーガ第29節(ハンブルガーSV戦)の後半開始前に途中交代。この交代に不満を抱いた同選手と、ドメニコ・テデスコ監督を含む首脳陣との間に確執が生じていたことが、クラブ公式ホームページや独『Kicker』で明らかにされた。また、同選手は先月30日に独『Bild』のインタビューに対応。クラブ側の許可を得ずにインタビューに応じたほか、その場で首脳陣を批判したことが英『sky SPORTS』などで伝えられている。

2009年に同クラブのユースチームに入団し、2013年にトップチームに昇格したマイヤー。生え抜きとしてファンから愛され続けてきた同選手だが、何とも後味の悪い形でクラブを去ることになりそうだ。






記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ