FC東京、無敗首位・広島撃破も…… 長谷川監督「次の試合に勝って初めていきてくる」

FC東京の指揮官を務める長谷川監督 photo/Getty Images

「先制点が大きかった」

25日に明治安田生命J1リーグ第10節が行われ、2位のFC東京が首位のサンフレッチェ広島をホームへ迎え入れた。試合はディエゴ・オリヴェイラの2ゴールなどで3点を奪ったFC東京が、3-1で広島を撃破。開幕戦からここまで無敗をキープしていた広島に、今季リーグ戦初黒星をつけている。

試合後、インタビューに応じたFC東京の長谷川健太監督は「ファン・サポーターのみなさんの熱い声援に応えて、選手が最後まで戦って勝つことができた。非常に大きな勝点3だと思う」と喜びをあらわにしつつも「連戦中なので、この勝利を次にしっかりと繋げなければいけない」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

そして「今日は先制することができたことが大きかった。 立ち上がりいい形で試合に入ってPKを取ることができた。正直、相手の林選手が今季PKを止めていたので嫌な雰囲気はあったが、ディエゴ・オリヴェイラがしっかりと決めてくれた。 そこからスイッチが入って、2点目も決めることができたし、3点目も良い時間帯に決めることができた。 終盤は疲れて押し込まれたが、DF陣が最後まで身体を張って1点に抑えてくれたことも大きい」と試合を振り返った。

ただ質疑応答の際に「広島戦の勝利がチームに与える影響」について聞かれると、長谷川監督は「次の試合に勝って初めて今日の勝点3がいきてくる。次の名古屋戦が非常に大事になってくると思う」と答えており、次節へ向けて改めて気を引き締めている。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ