世界No.1の奪取力に加えて攻撃力までアップ! チェルシーの潰し屋がいよいよ驚異のMFへ

サウサンプトン戦でも活躍したカンテ photo/Getty Images

サウサンプトン戦でも抜群の働きと評価

23日にFA杯準決勝でサウサンプトンと対戦したチェルシーではDFを次々とかわして先制点を決めたFWオリヴィエ・ジルーなどに注目が集まるが、この試合でも相変わらず中盤で効果的な働きを見せたMFエンゴロ・カンテを忘れてはならない。

レスター・シティに在籍していた頃からそうだったが、カンテは中盤で走り回って相手の攻撃を何度も潰してみせた。さらに最近は攻撃時にもボールを自らドリブルで運ぶシーンも増えており、速攻時にも威力を発揮できる選手になってきた。

英『Daily Mail』はレスター時代からカンテが潰し屋として機能していたが、今ではオールラウンダーになったと称賛。「サウサンプトンの攻撃を止めるだけでなく、チームの攻撃を組み立てるところでも継続的に貢献していた」と評価している。

世界トップレベルの運動量と奪取力でボールを奪い、そこから1人でボールを持ち運べるとなれば脅威のMFだ。得点数があまり多くないため目立ちにくいが、指揮官アントニオ・コンテにとって最も外せない選手と言えるのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ