名手キャリックが明かす”No.1のチームメイト”は? 「ギグス、ルーニー、クリスティアーノ……」

今季限りで引退するキャリック photo/Getty Images

マンUで数多くの名手と共演

今季限りで現役を引退する予定となっているマンチェスター・ユナイテッドMFマイケル・キャリックは、これまでのキャリアで数多くの名プレイヤーと共演してきた。その中で最も優れていたと感じたチームメイトは誰なのか。今回英『The Times』に明かしている。

「スコールズ、ギグス、ルーニー、クリスティアーノ・ロナウド。誰を選べばいいんだ。ギグスは信じられないフットボーラーだったし、クリスティアーノも信じられない選手だった。ルーニーは素晴らしかったし、特に若い時の彼は僕が見た中でも最高の選手の1人だ。ファーディナンドも、ビディッチもそうだ。だけど、僕はスコールズが1番と言うよ。彼は僕のすぐ隣で毎試合プレイしていて、僕は彼の隣でプレイすることを愛していたからね」

キャリックが選んだのは同じ中盤を本職とするスコールズだ。中盤の底からチームをコントロールする存在として、キャリックはスコールズのことを尊敬していたのだろう。当時のマンUはチャンピオンズリーグでも上位進出が当たり前のようになっており、キャリックもリーグ制覇に加えてFAカップやチャンピオンズリーグなど数多くのタイトルを獲得している。

ルーニーもエヴァートンに去った今、強かった2007、2008年あたりのマンUを知る選手は少なくなってしまった。キャリックも引退するとなれば、マンUにおいて1つの時代が終わりを迎えると言えそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ