4年前の悲劇を振り払うために ギュンドアン「今のブラジルはみんなが知っているブラジル」 

ギュンドアンも警戒するブラジル photo/Getty Images

4年前はドイツに1-7と大敗

27日はブラジル代表にとって特別な1日だ。ブラジルはこの日ドイツ代表と対戦することになっており、ドイツ代表といえば4年前にブラジルワールドカップで1-7と衝撃の大敗を喫した相手だ。親善試合ではあるものの、ブラジルにとっては4年前の嫌な記憶を振り払う特別な機会となる。

しかも、状況はやや4年前と似ている。ブラジルは負傷でネイマールを欠いており、これは4年前のドイツ戦と同じシチュエーションだ。当時はオスカルやフッキがいたものの、タレント力でドイツと差があったことを痛感するゲームとなってしまった。

しかし、現在のチッチ率いるブラジルは4年前から変化を遂げている。チームにはバランスがあり、ネイマールの他にもドウグラス・コスタやウィリアン、フィリペ・コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズスらタレントが揃っている。英『Daily Mail』によると、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンも「彼らは2014年のチームと違ってバランスがある。今のブラジルはみんなが知っているブラジルだ」と警戒している。

ただの親善試合とは違う空気感があるが、ブラジルは4年前の記憶を振り払ってロシア大会に臨めるだろうか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ