チェルシーは17歳の新星「メッシーニョ」の獲得を狙う 4700万ポンドを用意か

チェルシーはブラジルの注目の若手を加入させるのか photo/Getty Images

次世代のメッシはどこへ向かう

チェルシーは17歳のブラジル人エステバオ・ウィリアンの獲得に乗り出すようだ。チェルシーは2550万ポンドを支払う用意があり、さらに約2100万ポンドを上乗せする可能性があるという。ブラジル『UOL』が伝えている。

『UOL』は、チェルシーがウィリアンの獲得に強気に乗り出しているが、所属チームであるパルメイラスは複数のトップクラブからのオファーに身構えているという。またチェルシーは過去に2度、ウィリアンの獲得に失敗しているとも報じている。

パルメイラスのアカデミー出身のウィリアンは、2022年12月に16歳でレアル・マドリードに移籍することで合意したエンドリックとチームメイトであり、そのエンドリッキに匹敵する才能を兼ね備えているとされている。
ウィリアンは左利きの右ウインガーで、そのプレイスタイルからリオネル・メッシにちなんで「メッシーニョ」の愛称で親しまれている。既にトップチームの公式戦11試合に出場し、1ゴールを決めており、ブラジルのユース代表の常連でもある。

そういう意味では、エンドリックを7200万ユーロ(約6200万ポンド)で放出したパルメイラスとしては、チェルシーが提示した最大4700万ポンドという最新のオファーでも、売却を決意するには十分ではないようだ。

また、ウィリアン本人は周囲からメッシーニョの愛称で呼ばれるようにメッシに強い憧れを持っていることを公言しており、「バルセロナの試合はほぼ毎試合見ている」というように、将来的にバルセロナへの移籍を望んでいる。

16歳で合意したエンドリックと同様に雇用法の都合で18歳になるまで移籍できないウィリアンだが、来年の夏からどこでどのような活躍を見せてくれるのか、目が離せない存在と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ