「今季のインテルには何の心配もない」 再びのCLファイナルへ世界が警戒するラウタロ&テュラムの破壊力

インテルの攻撃をリードするラウタロとテュラム photo/Getty Images

セリエAでの戦いは圧巻

今節サレルニターナを4-0と一蹴し、2位ユヴェントスに9ポイント差をつけてセリエAの首位を固めるインテル。まだリーグタイトルの行方が決まったわけではないが、インテルが圧倒的に有利なのは間違いない。

インテルは20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリードと対戦する予定で、現状ではインテルの方が優位だろう。スペイン『MARCA』もインテルの完成度を絶賛する。

「今季のインテルには何の心配もない。シモーネ・インザーギのチームが世界最高のチームの一つであることに疑いの余地はない」
中でも同メディアが警戒するのはラウタロ・マルティネス&マルクス・テュラムの2トップだ。両者はサレルニターナ戦でも1ゴールずつ記録していて、ラウタロのリーグ戦得点数は20に達した。これでラウタロはセリエAで3シーズン続けての20ゴール達成だ。

ラウタロがインテルに加わったのは2018年のことで、アルゼンチンのラシン・クラブから2500万ユーロで加入している。昨夏加わったテュラムはフリーでの補強で、2500万ユーロだけでこの2トップを完成させられたことになる。

「チームの前線はヨーロッパで最も決定的な組み合わせの一つだ。ラウタロ・マルティネスとテュラムは理想的なコンビとなった」

国内の戦いだけを見れば、インテルもCL優勝候補の一角と言える。アトレティコも強敵だが、インテルは昨季に続いてファイナルへ進めるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ