オシムヘン夏の移籍はほぼ確実か ナポリ会長も退団を示唆 「彼がレアル・マドリード、PSG、あるいはイングランドのトップクラブに行くことは分かっていた」

夏の争奪戦は必至 photo/Getty Images

多くのクラブが注目

ナポリに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘン(25)は次の移籍先が注目されている。

昨年12月にナポリと契約延長を締結したが、1月の移籍市場での動きが噂されていた。そんななか、オシムヘンは先日、夏にナポリを退団し次のステップに進むことを示唆するコメントを残し、大きな注目を集めた。

早くも来シーズンの争奪戦が予想されているオシムヘンだが、ナポリ会長のアウレリオ・デ・ラウレンティス氏も今夏に同選手が退団することを認めるような発言を残した。
「このこと(オシムヘンの退団)はこの夏からすでに知られていた。(新契約をめぐる)我々の交渉は友好的だった。そうでなければ、こんなに長くはならなかっただろう。彼がレアル・マドリード、PSG、あるいはイングランドのトップクラブに行くことは分かっていた」(英『TalkSPORT』より)

12月に締結した新契約には1億2000万ユーロから1億3000万ユーロ(約193億円から約209億円)の契約解除条項が設定されているとされており、世界最高のストライカーの1人であるオシムヘンを獲得するには多額の資金が必要になることはまちがいない。

プレミアリーグのクラブではアーセナルとチェルシーが特に熱心に同選手の獲得に興味を持っていると考えられている。

早くも来シーズンの去就が注目されているオシムヘンの動向から目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ