南野拓実、遠藤航は何位? クロップ政権で獲得した《リヴァプール新戦力ランキング》

リヴァプールで徐々に評価を上げる遠藤 photo/Getty Images

TOP10はクロップ・リヴァプールを支えた名手ばかり

26日、リヴァプールは指揮官ユルゲン・クロップの今季限りでの退任を発表した。それに合わせ、英『GIVE ME SPORT』はクロップ政権で獲得した選手たちをワーストからベストまでランキング形式で紹介している。

気になるのは2人の日本人選手だ。1人はザルツブルクから獲得されたFW南野拓実、もう1人は昨夏にシュツットガルトから合流したMF遠藤航だ。

まず南野は45人中、22位に。遠藤はその1つ下の23位に選ばれている。南野は思うように出番を掴めなかったが、国内カップ戦では爪痕を残した。また獲得に費やした移籍金が高額ではなく、その後モナコへの売却もスムーズだった。ビジネス面でも悪くない補強だったとの評価だ。
一方、まだ加入して半年の遠藤は徐々に評価を上げている段階だ。同メディアも遠藤の実力を評価しており、今季終了後にはもう少し順位を上げることになるかもしれない。

「遠藤はドミニク・ショボスライのようなワールドクラスの新戦力ではないかもしれないが、遠藤はクロップが彼に頼るたびに黙々とその仕事をこなしてきた。また、彼の移籍金はわずか1600万ポンドだ。支払った金額に対して、リヴァプールはこれまでのところ非常にまともな利益を得ている」

当初は守備的MFのバックアッパーと考えられていたが、アレクシス・マクアリスターの負傷もあって出番は増加。そこで評価を上げており、持ち前のデュエルの強さも存分に発揮されている。コスト的にも、成功と言っていいのではないか。

ちなみにBEST10は次の通りだ。

10位:ジョルジニオ・ワイナルドゥム

9位:ジョエル・マティプ

8位:ルイス・ディアス

7位:ディオゴ・ジョタ

6位:ファビーニョ

5位:アンドリュー・ロバートソン

4位:サディオ・マネ

3位:アリソン・ベッカー

2位:フィルジル・ファン・ダイク

1位:モハメド・サラー

上位3人の顔ぶれは納得か。チームにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグのタイトルをもたらした近年のベストプレイヤーだ。

他にもフリーで獲得したマティプ、800万ポンドと安価だった左サイドバックのロバートソンなど、コスト面でも彼らのTOP10入りは妥当だろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ