欧州離れたC・ロナウドが思う今季の“CL優勝候補3チーム”は 「シティには再び優勝するチャンスがある」

昨季のCLはマンCが制した photo/Getty Images

2月より決勝トーナメントがスタート

1か月後の2月13日より、チャンピオンズリーグは決勝トーナメントの戦いに突入する。現時点で優勝候補を挙げるならば、どのクラブとなるだろうか。

『Sportkeeda』によると、今回この話題に触れたのはサウジアラビアのアル・ナスルでプレイするFWクリスティアーノ・ロナウドだ。

これまでロナウドはチャンピオンズリーグの主役の1人だっただけに、欧州を離れたロナウドが遠くからCLを見守っているのは何とも不思議な感覚だ。
今季の優勝候補を問われたロナウドは、「マンチェスターシティ、レアル・マドリード、バイエルン。マンチェスター・シティには再びチャンピオンズリーグで優勝するチャンスがあるね」とコメントしている。

マンCには連覇のチャンスがあり、ロナウドの古巣レアルもヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスら若手の成長でチーム力は上がっている。バイエルンも前線でハリー・ケインが絶好調で、攻撃力は欧州屈指だ。

他に候補を挙げるならば、昨季のファイナリストであるインテルか。インテルの場合はベスト16でアトレティコ・マドリードと激突することになっており、いきなり難しいカードだ。まずはここに勝たなければならない。

マンCの相手はコペンハーゲン、レアルはライプツィヒ、バイエルンはラツィオと、この3クラブはそこまで難しいカードではない。順当に行けば3チームともベスト8へ進めるはずだが、果たして今季頂点に立つのはどこか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ