C・ロナウド、レヴァンドフスキを超える “空中戦の王者” 418試合で74ゴールをヘディングで決めるルーク・デ・ヨングの実力

今季好調なルーク・デ・ヨング photo/Getty Images

今シーズン22試合で17ゴール

33歳を迎えた長身ストライカー、FWルーク・デ・ヨングは今シーズン、好調で得点を量産している。

ニューカッスルやセビージャ、バルセロナでもプレイしたデ・ヨングは、2022年にPSVに復帰。昨シーズンは、全公式戦39試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。そして今シーズン、ここまで公式戦22試合で17ゴール8アシストを記録しており、昨シーズンの記録に早くも並ぼうとしている。

ヘディングが武器の同選手だが、スペイン『as』によると、2008年以来、6大リーグ(イタリア、スペイン、フランス、イングランド、ドイツ、オランダ)で同選手以上にヘディングゴールを決めた選手はいないという。
デ・ヨングはエールディヴィッジ、プレミア、ラ・リーガで418試合で74ゴールをヘディングで決めているようだ。この記録はクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ユヴェントスで記録した69ゴールよりも多い数字だという。

この記録はロベルト・レヴァンドフスキ(51ゴール)、オリヴィエ・ジルー(45ゴール)、エディンソン・カバーニ、エディン・ジェコ、ハリー・ケイン(3人とも43ゴール)よりも多い数字となっている、デ・ヨングを同メディアは "空中戦の王者”と称賛している。

まさに “空中線の王者”と言っても大袈裟ではない数字を残しているデ・ヨング。

そんなデ・ヨングを擁するPSVは、CLのグループステージ第5節でセビージャと対戦する。勝ち点9で首位のアーセナルは頭一つ抜けているグループではあるが、PSVは勝ち点5でランスと並んでいる。一方のセビージャは勝ち点2で最下位となっており、もう勝たなければ後がない状況だ。

古巣セビージャとの一戦でも、デ・ヨングはチームを勝利に導くゴールを決めることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ