初セレソン入りのエンドリックは“最強の17歳” JAY-Zのエージェントと契約、すでに専属シェフに理学療法士ほか十数名引き連れる

パルメイラスで注目浴びるエンドリック photo/Getty Images

史上4番目の若さでデビューなるか

W杯南米予選で、コロンビア代表、アルゼンチン代表と対戦するブラジル代表。

注目は、レアル・マドリード加入が内定している17歳FWエンドリックのメンバー入りだ。パルメイラスのユースチームで169試合165ゴールという驚異的な成績を収め、注目されていた超新鋭。エンドリックは昨年12月にレアルへの2024年からの加入が発表されたが、FIFAの規定により18歳からの契約となっている。

そして今回、期待されているのがセレソンデビューだ。コロンビア戦に出場すれば、17歳と118日でデビューすることになる。英『Daily Mail』によれば、この記録より若いのはペレを含む3人だけだという。
同氏は17歳のエンドリックを取り巻く、驚くべき環境についても触れている。すでにJAY-Zのロック・ネイション・スポーツとエージェント契約を結んでおり、同社はセリエAとパートナーシップを結んだことでも話題となったエージェンシーだ。

本人はマドリードへ移る前にナイキ社を離れてニューバランス社と契約し、同社の顔となる予定。また、専属シェフや医学療法士をはじめ、戦術アナリスト、マーケティングの専門家などエンドリックを取り巻くスタッフはすでに十数名を数え、この貴重な才能を精密にエンジニアリングしているのだという。

17歳にしてこの環境とは恐れ入るが、注目のセレソンデビューはあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ