林大地のニュルンベルクへのレンタル移籍が決定! ベルギーリーグで2年連続7ゴールのFWがドイツへ挑戦

林がドイツへ photo/Getty Images

昨季は2部で14位のニュルンベルク

ブンデスリーガ2部のニュルンベルクは20日、シント・トロイデンの林大地をレンタルで獲得したことを発表している。

林は2020年に大阪体育大学からサガン鳥栖に加入した。初年度からJ1リーグ戦31試合9ゴールを記録。翌年8月からシント・トロイデンへ完全移籍し、昨季ジュピラー・プロ・リーグで25試合7得点を決めている。

今季は出場数を伸ばして31試合7ゴールを決めた林。身体の強さを生かしてボックス内で存在感を放つストライカーは、来季キャリア初となるドイツへの挑戦を決断した。
すでにメディカルチェックは済んでおり、チームに合流する模様だ。ニュルンベルクのオラフ・レッベSDはクラブ公式にて「我々は過去2年間にわたって彼を追跡していた。その2年間で、メンタリティとゴールの脅威で我々にインスピレーションを与えてくれた」と林を称賛している。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ