逮捕されたグリーンウッドにオファーがあった? 告発取り下げ後に複数クラブが関心を示す

去就不透明なグリーンウッド photo/Getty Images

去就が不透明となっているグリーンウッド

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドは昨年の1月に性的暴行や殺害脅迫などの容疑で逮捕され、現在までユナイテッドの活動に一切参加できていない状況である。

現在21歳のグリーンウッドはユナイテッドの下部組織出身で、かつてライアン・ギグスが背負った背番号11を着用するなど、将来を期待されていた。それ故に、同選手の逮捕というニュースには全世界に衝撃が走った。

そんな中、ユナイテッドを率いるエリック・テン・ハーグ監督が初めてグリーンウッドと直接連絡を取ったと先日伝えられた。彼の様子を確認したようで、ユナイテッド復帰も噂されていた。
去就が不透明なグリーンウッドは全ての告発が取り下げられた後に、他クラブからローン移籍のオファーを受けていたようだ。英メディア『Daily Express』が報じた。

報道によると、グリーンウッドについてトルコのクラブや、ヨーロッパでまだ移籍市場が開いている国のクラブが、同選手を獲得しようと問い合わせたという。

しかし、今のところユナイテッドは、グリーンウッドに将来性があるかどうか調査を続けており、グリーンウッドへのオファーを受けないことを選択した。同選手については今後、ユナイテッドが行う独自のプロセスを経て、次のステップを決定することとなる。そのプロセスが完了するまでは、これ以上コメントすることはないとのこと。

将来が有望視されていただけに残念な結果となってしまったグリーンウッド。同選手は今後どのようなキャリアを歩むこととなるのか。ユナイテッドに残留か、移籍することになるのか、今後の動向に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ